SPECIAL INTERVIEW.

PAUL
BRACQ
ポール・ブラック

BMW伝説のカーデザイナーが語る
3シリーズの美意識の真髄

初めて3シリーズを、その硬質なエッジ・ラインとともに生み出したデザイナーは
意外にもドイツ人ではなく、ボルドー出身のフランス人だった。

PAUL BRACQ

現在は故郷のボルドーで息子とレストア・ガレージを営むポール・ブラック氏。
1970~74年にBMWのチーフデザイナーを務める以前は、メルセデス・ベンツでキャリアを積み、一時戻ったフランスのデザイン会社で高速鉄道TGVの車両素案を描き上げた。「モダンなデザインを描きすぎて、メルセデスをクビになったのさ(笑)」。

そう不敵に笑う彼が、BMWでまず手掛けたのは初代5シリーズ(E12)。
伸びやかで直線的かつ、空気を切り裂くクサビのようなウェッジ・シェイプは、初代3シリーズに受け継がれた。
自身でステアリングを握るのが大好きな彼は、3シリーズの内装に仕掛けを凝らしたという。
ドライバーを取り囲むようにセンターコンソールを配置した「エゴイスト・コックピット」だ。

後にM1となったプロトタイプ「ターボ」や、世界一美しいクーペとたたえられた初代6シリーズをも描いたブラック氏は、
「精密なプレスラインによる優雅さ、グラスエリアの透明感が重要」と語る。

高級車がみな大型車だった時代、初代3シリーズがいかに颯爽としてモダンに映ったか。
その溌剌とした若さと比類ない実用性の完璧なマリアージュは、彼の手からしか生まれ得なかったのだ。

初代5シリーズ
初代5シリーズ
E21の素案
6シリーズ

HISTORY.

ブラック氏曰く、
「クルマのデザインはナイフのように尖りすぎても、
ジャガイモのように不格好でもいけない。その中間ぐらいがちょうどいい」。

HISTORY.

7世代目となる、ニューBMW 3シリーズのデビュー。その伝統と革新の変遷を、当時流行した音楽とともにご紹介します。

OWNER’S VOICE.

BMW 3シリーズを愛してやまないオーナーの皆様に、その魅力や楽しみ方を教えていただきました。