CASE_01
BMW 323i (E21)

“懐かしいヨーロッパのテイストに一目惚れしたんです”

AKIRA
SORIMACHI
ソリマチアキラ

イラストレーター

BMW 3シリーズ歴20年

BMW 323i (E21)

「このクルマを選んだのは一目惚れだったんです」。
こう話すのはトラディショナル・スタイルのスーツに身を包んだイラストレーターのソリマチアキラ氏。
愛車は1977~82年の間に生産された初代3シリーズ(E21)の323i 。
4灯のヘッドライトが特徴的な一台で、メタリックのボディは当時と変わらない美しい輝きを放っている。

ソリマチ氏が手に入れたのは、運転免許を取得した33歳のとき。
ふと手に取った中古車情報誌で見かけた一枚の写真に心惹かれたという。
「カラーもフォルムも個性的だけど主張しすぎていないし、主役にはならないけれど、世界観をうまく演出してくれる、
そんな印象に惚れて、すぐ買いに行きましたね」。

そこから一度も買い替えずに、乗り続けること20年。
「気に入っているのは、シルバーのメタルで仕上げられた窓枠。そしてアクセルを踏み込んだときのスムーズなシフト・チェンジ。手間はかかりますが、それも楽しみのひとつ。私にとってオーセンティックというのは憧れで、323iが醸し出す、懐かしくも温かい雰囲気を、これからも大切にしていきたいですね」。

現行のものとは異なり、凹凸のあるエンブレム。
車内は極めてシンプルなつくりで、MTのシフト・ノブが懐かしい。
リヤから覗くのは、ボディ・カラーと合わせた『スター・ウォーズ』のあのキャラクター。

PROFILE.

1991年にイラストレーターとして独立。
これまでに、ファッション誌やアパレルブランドのイメージビジュアル、
企業キャラクターほか、「バーニーズ ニューヨーク」のショーウィンドウなどを手掛ける。

SPECIAL INTERVIEW.

BMW伝説のカーデザイナーが語る
3シリーズの美意識の真髄。