SAFETY.日本初*3眼カメラが、危険を見抜く。(*BMW Japan調べ)

3

先進の安心・安全性能の数々があらゆるリスクを未然に回避し、
走りの愉しさを無限に広げます。

SAFETY TECHNOLOGY.

日本初*1 高速道路の渋滞をハンズ・オフ走行。

ハンズ・オフ機能付き
渋滞運転支援機能*2*3

高速道路*4 を走行中、一定の条件下であれば、
アシスト・システムを起動させることにより、
クルマがステアリング操作を自動的に行いながら
運転を継続します。

01

先進の安全性・3眼カメラ

車両周辺監視用、中距離検知用、長距離検知用の単眼カメラを
それぞれ搭載し、より正確なレーン・キーピング、
より長距離の危険予測、より高角度視野での
周辺危険予測を実現しました。

安全はオプションであってはならない。
BMWの標準装備セーフティ・テクノロジー。

02

渋滞時の疲労を軽減

ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)

自動的に前の車についていく

03

車線のはみ出しをドライバーに警告

レーン・ディパーチャー・ウォーニング

車線からはみ出さない

04

360°の目が危険を回避

アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション

もしもの時もぶつからない

05

センサーの目が死角を監視

クロス・トラフィック・ウォーニング

もしもの時もぶつからない

安心・安全なドライビングを実現するための
様々なドライバー支援機能。

06

システムが、ブレーキか
ステアリングで衝突を自動回避

衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)

もしもの時もぶつからない

07

必要な情報は
フロント・ウインドーに投影

BMW ヘッドアップ・ディスプレイ

視線を外さず安心

08

縦列駐車をサポート

パーキング・アシスト

駐車も簡単に、自動化

※掲載した画像の車は一部日本仕様と異なります。また、一部オプションを含みます。

  • *1:BMW Japan調べ。
  • *2:ご使用の前には、取扱説明書にて各機能の原理や操作方法を必ずご確認ください。運転者には、いかなる場合でも安全運転を行う義務があります。本機能は、運転者が責任を持って安全運転を行うことを前提とした「運転支援技術」であり、運転者に代わって車が自律的に安全運転を行う、完全な自動運転ではありません。システムの認識性能には限界があるため、路面状況や気象条件等によってはシステムが作動しない場合や、不適正にまたは理由なく作動する可能性があります。そのため、安全確認や運転操作をシステムに委ねる運転は、重大な事故につながる危険があります。常にご自身の責任で交通状況に注意し安全運転を心がけてください。
  • *3:完全な自動運転はできません。システムは状況が作動条件を満たさなくなった場合、安全のため直ちに作動を中断します。また、ドライバーは前方に絶えず注意を払うとともに、緊急時などシステムが要求した場合、直ちにハンドルを確実に操作することが可能な状態を保つ必要があります。
  • *4:高速自動車国道法に定める「高速自動車国道」および「指定都市高速道路」に分類される道路。